叶えたい願望をご相談下さい
潜在意識活用情報局「ココラ・ココル」
»
»
メンタルブロックの外し方

外し方はざっくり言えば一つだけ。自分自身と向き合うことが大切

人が信用できない、人に壁をつくってしまう、自分は人より劣っているなど、心のブレーキの多くは幼少期にできあがっていることがほとんどです。

これは、意外なことが原因でつくられ、大人になってもそれに気づくことは難しく、自分で自覚できる人はなかなかいません。

少し知恵がつき始めた頃に親から無視されたり無関心だったり、ましてや肉体的・精神的虐待などを受けた子は少しずつ蓄積されて、無意識なうちにメンタルブロックができてしまいます。

ブロックの外し方は、何より自分の胸に聞いてみること

「人と会いたくない」「人間が怖い」「緊張する」などがメンタルブロックの症状の多くにありますが、なぜそんな状況なのかを優しく自分に問いかけることが大切です。

「人と会うのが嫌」なのは「面倒くさいから」。

「人間が怖い」のは「嫌われるのが怖いから」。

これでいいのです。

これに対処や対抗する策を考えるのではなく、なぜそう思うかを自分の中でセッションしていくのです。

正直な理由はすべてマイナス思考になっていると気付くかも知れません。

ここから「メンタルブロックを外して自由になりたい」と思うことが次の一歩に繋がるのです。

初回無料で相談受付中!

無料診断スタート

簡単なご質問に答えるだけでOK

ネガティブは安心したいという気持からくる

「安心していたい」手段として「何もしないほうがいい」ということが固定観念として脳のなかに植え付けられているのです。

しかし、本当の気持ちはネガティブな気持ちからポジティブな気持ちへ変わりたい。人と会いたい。人と関わりたい。と思っているのです。

「嫌」の理由を見つけることが苦手な場合は、ワクワクするような楽しいイメージを想像して、ネガティブな自分に毎日刷り込んでいくことが大切です。

「何もしない」だけでは何も解決しません

ポジティブになりたい気持ちに抵抗する正直な心を発見できたら、なぜ抵抗しているのかを自分に問いかけます。

「人と会わないと気を使わなくていい」という答えが出るかもしれません。

「気を使わなくていい」=面倒くさいことから逃げる。何もしない方が居心地がいい。

まさにこういった答えが出ることでしょう。

「何もしたくない」自分と「ポジティブに行きたい」自分、この2つが葛藤していきます。

その時にこれらの答えを一つひとつ解きほぐして考えていくのです。

「何故こう思うのか?」をじっくり考えてみよう

大切なのは、この抵抗する理由を毎回考えていくこと。大変面倒な作業ですが、ひとつひとつ解決していかないと次へは進めないのです。

抵抗する理由と新しく生まれ変わりたい自分を交互に想像していくことで、次第にポジティブな考えと移行できるかもしれません。

メンタルブロックから脱出するために大切なのは、繰り返しこの作業を行い習慣化することです。

セミナーなどの公開セッションでもこういった抵抗の理由の解決がされていますので参加してみるのも一つの手段でしょう。

今だけ初回無料
CONTENT MENU