叶えたい願望をご相談下さい
潜在意識活用情報局「ココラ・ココル」
»
»
自己啓発ってどんなもの?

自己啓発をするなら潜在意識から!表面上の啓発は意味が無い!?

どんな書店でも、自己啓発本を見かけることはよくあると思います。

性格や生活の習慣、考え方のクセを直そうとする様々なメソッドが紹介されています。

ただ残念なことに、世の中にあふれる自己啓発本は「あなた」に向けたものではないのです。

自己啓発の問題点は、ネガティブなことや失敗を否定する点にあります。

ネガティブなことは決して悪いことではありません。

過去の学びとすることで、自分の精神や心を成長させることができるからです。

また、失敗を経験することで「次の失敗を繰り返さない」というプラスアルファの効果も得られます。

自己啓発のように、マイナスの物を打ち消そうと躍起になって「無理のあるエンジン」を掛けるのは大変危険です。

潜在意識は非常に繊細です。間違ったアプローチでは、心や精神のバランスが崩れやすくなります。

手遅れになる前に、取り組んでいる自己啓発の考えやメソッドがあれば、なるべくはやく停止しましょう。

性格は直すのではなく、認める事が本当の自己啓発です

性格は「直す」ものではなく、まずは、潜在意識の中のありのままの自分を「認めてあげる」事が第一歩です。

正しい潜在意識法を活用すれば、自己啓発のように「心の傷を無視する」ことはありません。

全てを受け入れることで、過去の傷や失敗をも良い経験に変えることができるのです。

自己啓発を長く続けると、潜在意識が暴走することがあるので注意が必要です。

重傷になると、心のバランスを失ったり、外に出るのが怖くなる、トラウマがもっと酷くなるなど、さまざまな問題が発生します。

潜在意識を良い方向に向けるには、潜在意識を客観的に見つめ、愛を持って受け止めることです。

正しいプロセスを踏めば、願望実現は最良の形で叶います。

このため、自己啓発本を読みあさったり、自己啓発セミナーなどを受けるのはおすすめしません。

初回無料で相談受付中!

無料診断スタート

簡単なご質問に答えるだけでOK

本当の「明るくて元気な人」になろう

周りの人を観察していると「明るくて元気そうだけど、なんだか作り物みたいに気持ち悪い」といった人はいませんか?

友人や知人にいなくても、チェーン店の居酒屋などを見ているとよく分かるはずです。

企業の中には、自己啓発セミナーを全員に受けさせるところがあります。

何度も何度も、同じ文言を繰り返したり、自己啓発のメソッドを「社員教育の一環」として組み込んでいるのです。こうした人たちには、人間らしさが見られません。

まるでロボットのように、企業や売り上げアップのために自己を犠牲にしているのです。自己啓発本をただただ鵜呑みにしてしまうと、こういうことになります。

問題を解決するには、自己啓発法ではなく、正しい潜在意識法を取り入れるようにしましょう。

今だけ初回無料
CONTENT MENU