叶えたい願望をご相談下さい
潜在意識活用情報局「ココラ・ココル」
»
»
プラス思考になりたい!

プラス思考はあなたの中の問題。潜在意識から変えていこう

マイナス思考とは、潜在意識や意識の奥から促されたものです。

マイナス思考は「ただの考え方のクセ」と割り切れないほど、強力なパワーを持っています。

想像するのは難しいかもしれませんが、マイナスのエネルギーは、現在の思考だけでなく、未来の行動にも大きな影響を与えます。

より良い現実を引き寄せるには、マイナス思考を止めて、プラス思考を身に付けるようにしましょう。

また、マイナスの思考が認知できない場合は「今の自分に満足しているか?」客観的に(自分自身を)見つめ直してみましょう。

満足できていない場合は、マイナスの思考を持っていることが多いです。

マイナスの思考は目に見えにくいですが、現状を見れば自分の性格や感変え方の傾向が見えやすくなります。

現実は「心を映す鏡」だと思って、心と思考の状態をチェックしてみてください。

良くないのはプラス思考にならなきゃと無理をすること

マイナス思考をプラス思考にするために、無理をするのは良くありません。

自分に嘘をついて、プラス思考になったとしても問題は根本的に解決されないからです。

このため、自己啓発のように無理矢理「マイナスを打ち消そう」とするのは、良くありません。

最も良いのは、自分の良い面も悪い面もまるごと受け止めることです。

マイナスの要素でも「こんな自分でも大切にしよう」と柔らかく考えるようにします。

すると潜在意識や過去の傷(インナーチャイルドや過去世のトラウマ)などが、完全な形で解消されるのです。

こうしたプロセスを踏むと、マイナスの出来事は大きなプラスへと変換されます。

マイナスの要素は人生や魂の学びに必要なことだったのです。

ぜひ自分自身を否定せずに、良い方向へと生かしてみてください。

初回無料で相談受付中!

無料診断スタート

簡単なご質問に答えるだけでOK

断言法でマイナスからプラスへ

断言法を活用して、プラス思考を目指してみましょう。断言法は、マイナス思考が強い人でも比較的に叶いやすいのでおすすめの方法です。

苦手なことも克服、改善しやすいのが「断言法最大のメリット」と言えるでしょう。断言法では、主語をはっきり決めてください。

「私は〜が叶いました」という基本のフォームで、さまざまな願いを書き記してみましょう。

真新しいノートを用意し、まずは最も叶えたいことを15回、毎日継続して書き続けてみてください。ノートに書くことは非常に重要な意味を持っています。

スマートフォンやパソコンに打ち込むのとは違い、紙や「手で書く」という行為を通じて、潜在意識に伝わりやすくするのです。

実際に、多くの著名人や有名人、成功者達はノートや手帳に断言法を書き続けています。

今だけ初回無料
CONTENT MENU